スパンコールのように煌めくファサード|Glittering Facade like Spangle
kabuki-cho SPANCOAL  
用途 雑居ビルファサード改修 新宿歌舞伎町の老朽化した雑居ビルにおいて、時代の変化の中でも古びることのない普遍的価値を持つファサードを計画した。
ビルの既存壁体から150mmの間に、本磨き、水磨き、ジェットバーナー仕上げと表面の光沢度が異なる3種類の仕上げを施した600mm角の御影石のエレメントをモザイク状に配置した。
商業的な付加価値を高めるために主張し合うビル群のなかで、スパンコールのようにキラキラと煌く外観は、自らは光を発することなく傍観者として佇むだけである。
周囲と壁面の間に介在する情報を、モザイク状の壁面によりアナログ処理し建築化することで、刻々と変化する環境の中で街と身体をつなぐ媒体となる。
所在 東京都新宿区
期間 2014
計画 設計提案
素材 御影石
共同 犬塚聡敬デザイン事務所
   
     
Program Facade Design  kabuki-cho SPANCOAL is a facade refurbishment of a deteriorated tenant building in Shinjuku.
We were requested to add a value that won't become obsolete in time to the building facade.
Our aim is to find a way to express an everlasting character of the building and its surrounding environments.
We proposed to compose the facade with 600mm x 600mm stone panels with three different polish methods to vary degrees of surface reflections.
Spangle like building stands as an observer among neon coated buildings which fight to claim their commercial values.
This mosaic patterned surface reflects the surrounding luminescent converted to analogical information taking as a part of its own body and synchronizes with transformation of the environment.
Location Shinjuku, Tokyo Japan 
Period 2014 
Status Proposal
Matrial Granite Stone
Collaboration AKINORI INUZUKA DESIGN
   
   
     
ビル入口共用部|Common Space at Entrance
3種の異なる磨きを施した石板|Stone Panels with 3 Different Polish Method
周辺のネオン街をモザイク状に映し出す|Reflecting Surrounding Neon-lit Neighborhood
 
katagiri architecture+design | 〒141-0031 東京都品川区西五反田 6-3-6-101 | 03.6804.8607 | contact@k-a-d.jp
© kad / all rights reserved.