フンディドラ公園の製鉄所高炉跡地に立つパヴィリオン|Pavilion at Fundidora Park with Formar Steel Works
dmc  
用途 パビリオン モンテレイ大学のデザインスタジオで、国際デザインコングレスのために学生と共同で制作したパビリオンである。敷地であるフンディドーラ公園は、1903年代に建設された製鉄場の跡地を公園化したもので、現在でも高炉が産業遺産として保存されている。今回は消費社会における建築の役割というテーマを掲げ、生徒とともに議論を重ねた。
メキシコは一人当たりの清涼飲料水の消費量がアメリカについで世界2位であることに着目し、大学内で集められた空き缶を使って、消費行動を建築化(実体化)することを試みた。
ファサードを彩る カラフルなパターンは、大学構内での飲料水の消費をダイレクトに示すものであり、収集された空き缶はフラットに解体、アセンブルされ、パビリオンを構成するパネルとして再構築される。
ここに空き缶がつくる細部と千鳥状のパネルがつくる全体の間にフラクタルな関係が成立し、各々の空間体験として日々の消費行動を再認識する装置となる。
所在 メキシコ モンテレイ市
期間 2009
構造 木造
共同 モンテレイ大学
設計 Lopez_Katagiri ARCHITECTS
   
   
     
Program Pavilion  This pavilion was proposed in collaboration with a design studio at the University of Monterrey for an international design congress hosted at the Fundidora Park in Monterrey, Mexico.The park was originally functioned as steel works since 1903, and turned into a public park with a former blast furnace structure as an industrial heritage.
Our aim was to visualize mass consumption of carbonated drinks (Mexico is 2nd most amount of consumption per person in the world) and architecturalize its data 3 dimensionally.
Empty cans were collected in the University campus and flattened one by one, and assembled to compose 1200mm x 2400mm panels.These colorful patterned panels were assembled at the site and the structure presented the consumption of beverages in the campus directly.
Fractalized pert-whole relationship between an empty can and the pavilion visualizes the data of mass consumption to experience and to re-think our daily consumption behavior. 
Location Monterrey NL. Mexico 
Period 2009 
Structure Wood Frame
Collaboration University of Monterrey
Design Lopez_Katagiri ARCHITECTS
   
   
     
トンネル内部|Inside of Tunnel
レンガ造りの工場との対比|Contrest against Brick Factory Building
パビリオン内部から公園を望む|View from Inside of Pavilion to Park
夜景|Night View
 
katagiri architecture+design | 〒141-0031 東京都品川区西五反田 6-3-6-101 | 03.6804.8607 | contact@k-a-d.jp
© kad / all rights reserved.