双子の建築|The Twins
Arlfeld Community Center  
Program Community Center+
Fire House
ドイツ中西部の山間の村Arlfeldに、集会所と消防の詰め所の計画を行った。
敷地はもともと街の主要産業であった靴工場跡地で、村民が日常的に集える場所が求められた。
ここでは2つの異なる機能を双対のボリュームとし、展示スペースとして活用される既存の工場との間に広場つくるように配置することで、それぞれの活動が中心に向かってあふれ出るような計画とした。
また冬季雪深い地方において、地元産の杉を用いたHolz Gürtelroseと呼ばれる板葺きの切妻屋根とし、村の風景と一体となる、環境と調和した建築のあり方を模索した。
双子の建築とそれらによってつくりだされた広場空間は、村のリビングルームとしてこれからも人々が集う場所となることを目指した。
Location Arlfeld, Germany
Period 2015.6
Status Competition 2nd Prize
Area 1,248sqm
Collaboration Luis Lopez
Marco Budeus
 
The Community Center is proposed in a small village called Arlfeld at mountain side of Mid-West Germany. The site used to be a shoe making factory which was one of a main industry of the village. Programs require a community center where people can gather and use daily basis as well as a fire house for voluntary folks.
We proposed to place twin volumes containing each function in a way to create a plaza between existing factory structures. The buildings put a wooden gabled roof on called "Holz Gürtelrose" which can be seen in deep-snow district in order to seek a harmony to environment and peripheral scenery.
The twins and its plaza set a living room for people to revitalize the community as the hert of the village.
   
   
     
敷地と既存の工場|Site and Existing Factory
敷地配置図|Site Plan
既存工場との間に生まれる広場|Plaza Framed by Old and New Structures
通りから建物を望む|View from Street
広場にそれぞれの活動があふれ出てくる|Activities Spilling Over towards Plaza
三角屋根の双子|Wooden Hat Twins
 
katagiri architecture+design | 〒141-0031 東京都品川区西五反田 6-3-6-101 | 03.6804.8607 | contact@k-a-d.jp
© kad / all rights reserved.