間柱の連結による自立したスクリーン|Timber Stud Screen
Rooftop Cabin  
Program Residential Renovation
​​バブル期に建てられた新潟の山間のリゾートマンションの一室の改修。
無機質な鉄筋コンクリートラーメン構造の躯体の中に、木質で暖かな山小屋を挿入した。
住戸中央の吹き抜けに設置されたヒノキのスクリーンは、通常木造建築の壁の下地材として用いられる短辺35ミリ長辺105ミリの間柱材を用いている。
平と小端を交互に組み合わせたスクリーンは、1階部分ではよりソリッドに、2階ではより開放性をもつ構成とした。工業規格材としての間柱には構造的に十分な強度があるため、通常スクリーンがもつ表層と下地という2層構造とはせず、それ自体が構造であり表皮であるものとした。
タワー最上階にありながら、周辺の豊かな自然と繋り、地面を近くに感じることができ山小屋空間を目指した。
Location Niigata, Japan
Completion 2018.01
Area 350 sqm
Construction Shin-Ei Construction
Photo Takuya Watanabe
Collaboration Akinori Inuzuka Design
   
​Rooftop Cabin is a renovation of a residential tower condo located in Niigata mountain area.
We are aiming to insert materiality of local cypress tree into concrete post and beam frames.
The cypress screen placed at double height living space is composed of 35mm x 105mm standard timber stud usually used for wall base material. Short and longside of the studs are connected adjasent to each other to compose self stand timber screen.
This alternation of short and long side of studs provide intimate enclosure at 1st floor, and simultaneously polous transparency at 2nd floor.
   
   
   
   
   
     
透過 / 不透過|Permeable / Solidity
エントランスホール|Entrance Hall
垂直方向への開放性|Verticality
屋根を感じる|Living with Roof
 
 katagiri architecture+design | 〒141-0031 東京都品川区西五反田 6-3-6-101 | 03.6804.8607 | contact@k-a-d.jp
© kad / all rights reserved.