光に呼応する構造体|Structure reflecting Natural Light
Paper Cloud  
Program Pavilion 南フランスの古都モンペリエで開催された国際建築フェスティバルに、紙環のパビリオンを計画した。
旧市街地に点在する12の中庭に、各国から選ばれたグループがそれぞれパビリオンを計画するものだった。
私たちに与えられた中庭は、14世紀にSimon Levesvilleによって建造されたHotel Mirmanと呼ばれる建物に位置し、文化遺産にも指定されているものであった。
そこで重厚な石造の街並みに呼応しながらも、軽やかでしなやかな紙の組積造を提案した。
紙の特性を活かし輪っか状に丸めることで、垂直方向に強く水平方向にしなやかな構造ユニットとした。
約2000枚の紙環ユニットには、型抜き加工によって施された鍵状のスリットがあいており、互いに差し込みながら全体を積み上げていった。
このシンプルなジョイントシステムによって、条件に応じて様々な形状に組み上げることが可能であり、移動の際にはフラットにたたむことでコンパクトに収納することができる。
この伸縮性をもった構造体の体積は、組み上げることで100倍以上に膨れ上がる。
紙環の組積造の塊は、中庭に差し込む光によって刻々と変化する環境と呼応する。
光の変化にグラデーショナルに反応した構造体は、徐々に輪郭をなくし雲のように周りの空気に溶けこんでいく。
 
Location Montpellier, France
Festival FAV Montpellier 2017
Schedule 2017.06.13 - 06.18
Material Laminated Paper
Collaboration Studio 3A
Photo kad
kad Team Kazuya Katagiri
  Ayaka Fujii
  Kento Watanabe
   
   
Paper Cloud elaborates a space of illusion and delusion.
This phenomenal environment is filled with light and shadow by reflecting various colors in different time. Visitors are responding to these sequential changes through the tactile sense, and their bodies are linked to the space as a part of it.
Paper Cloud is composed of about 2,000 pieces of plastic laminated paper rings assembled without any bolts and glues but simply slotting into each other. This simply assembled monochromatic paper structure contrasts with the massiveness of the stone pavement and walls in the courtyard. However once stepping into inside, this cloud like structure merges with light and disappears its existence like bubbles.
The intangible experience will expose delusion of expression and awake their emotion by the illusion.
   
   
     
素材のコントラスト|Contrast of Materials
光のグラデーション|Lighting Gradation
セル状のユニット|Paper Ring Units
洞窟状の内部空間|Cave like Interior Space
光に反応する紙環のセル|Reflection to Light
中庭に溶け出す構造体|Merging into Courtyard
光と影|Light and Shadow
中庭にたたずむ構造体|Stands in Courtyard
katagiri architecture+design | 〒141-0031 東京都品川区西五反田 6-3-6-101 | 03.6804.8607 | contact@k-a-d.jp
© kad / all rights reserved.