旋盤機によるお出迎え空間|Greeted by Rotary machine
Oriental Express Tokyo Kamata  
Program Hotel 大田区・蒲田は、町工場による最先端技術の集積地であり、東京の玄関口として国際的な発展が期待される一方で、昔ながらの下町の雰囲気を随所に残す温かみのある町である。オリエンタルエクスプレス東京蒲田では、蒲田の町の魅力であるテクノロジーとノスタルジーの両者が混在する情景を、宿泊をとおして体験できるホテルを提供する。
商店街の一角に顔をだしたメタルメッシュのスクリーンによるアプローチを抜けると、風除室に展示された1940年代の英国製旋盤機の出迎えによって体験がスタートする。外観から連続したメッシュ天井のエントランスホールは、天井裏のダクト等をあえて照明で照らし上げることで、インダストリアルな雰囲気の演出をすると共に、アプローチからつながる明るく開放的な空間とした。隣のダイニングでは、中央大テーブルの上に国内最大級6mの一枚板の鉄板を折り曲げて作った照明器具が吊られており、朝食時のみならず日中も人々がまわりに憩えるオープンなスペースとした。客室に向かうエレベーターホールでは、大田区の町工場による最先端の加工技術(合せる、掘る、削る、折る、磨く、曲げる)を用いた階数表示を設置し、各階それぞれで職人の技をめぐる仕掛けを施した。
内装の仕上げ材に通常用いられない合板や金属波板などの工業製品を使用することで、蒲田の持つ地域性をホテル内に引き込み、街をインテリア化することで「蒲田に泊まるホテル」として場所に根ざしたホテルを目指している。
    
Location Tokyo, Japan
Completion 2019.05
Area 3,943 sqm
Lighting Sugio Lighting Office
Construction Goda Koumuten
FF&E JTB Trading
Photo Anna Nagai
   
   
   
Kamata is a dense urban district in Southside of Tokyo, known for the steel manufacturing industry with back-street workshops. While urban developments are expected as a new gateway to enter Tokyo, the district remains traditional local Japanese city scape here and there.
Hotel Oriental Express Tokyo Kamata allows the guests to experience the fusion of innovative side and the nostalgic side of the district. As they walk through the mesh screen entrance, appearing at the corner of the shopping street, they will start the journey greeted by the 1940’s Rotary Machine. To recall the rough texture of industrial atmosphere at the entrance hall, the mesh screens from the facade continues across the whole ceiling. To evoke the characteristics of the innovative side of Kamata, the mesh screen exposes the ceiling and illuminates the HVAC ducts and mechanical pipes. A 6-meter-long single bent steel sheet is hanging as a lighting shade on top of the large dining table. Also, this Japan’s largest class single bent steel acts like a roof to create a gathering space underneath for the guests. Floor signs are manufactured in collaboration with the back-street factories around this neighborhood. Each signs are designed and created with highly advanced processing technologies such as inserting, drilling, milling, folding, polishing and bending.
To depict the co-existence with the local environment, structural plywood and corrugated metal are introduced for the interior finish of the corridors and guestrooms, to bring the unique characteristics of the district.
  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
商店街から人々を引き込む|Draw people into the building
透過性のあるファサード|Transparency in Facade
1940年代製造の旋盤機|Rotary machine from 1940's
配管が現しになった開放的なロビー空間|Industrial atmosphere through exposed duct works
屋根のように人々を包み込む照明器具|Roof like lighting shade
6mの鉄板を折り曲げたシェード|6m single bent steel sheet
ガルバリウム波板で仕上がった廊下|Corridor with Galvanized corrugated sheet
町工場の最先端技術を駆使した階数表示|Floor signage with advanced processing technology
合わせる、掘る、削る、折る、磨く、曲げる|Inserting, Drilling, Milling, Folding, Polishing, Bending
工業製品で仕上がった客室|Guest room with inderstrial materials
 
 katagiri architecture+design | 〒141-0031 東京都品川区西五反田 6-3-6-101 | 03.6804.8607 | contact@k-a-d.jp
© kad / all rights reserved.