花びら形ディスプレイ |Petal Display
Flower Tower  
Program Popup Display 台北の松山空港ラウンジに、漢方薬局の意一堂のための展示什器を計画した。
ここでは漢方薬の原料である草花を厚さ1mmのプラスティック板とともに真空パックし、花びら形の平面形状が積層された緑のタワーを作ろうと考えた。各段8枚の緩やかに湾曲した花びら状のひだは、1mmの極薄の板で構成され48の展示台を支える構造ユニットとなる。
側板で荷重を支えることで什器内部が中空となるため、構造としての合理性をもちながらも、透明でやわらかな草花による有機的な構造体となった。
Location Taipei, Taiwan
Completion 2019.03
Area 20 sqm
Client Essentia
Construction Creep Design
Packing PCS Corporation Flower Tower is a display furniture for Essentia to introduce traditional Chinese medicine placed in Songshan Airport, Taipei.
The structure is composed of series of plastic vacuum bags enclosing dry herbs and flowers together with 1mm thick plastic plate. Petal figured structural face plates are stacked to support a total of 48 display tops.
This ultra-thin structure showcases traditional organic herbs and expresses ephemerality in space with lightness and softness.
   
   
   
   
   
     
タワー状に積層された展示台|Tower Display
48の展示台|48 Displays
透明で柔らかな什器|Lightness and Softness
小さな什器の集合体|Assembly of Small Units
草花と共に真空パックされた1mmの構造体|Ultra Thin
草木でできた家具|Green Furniture
 
 katagiri architecture+design | 〒141-0031 東京都品川区西五反田 6-3-6-101 | 03.6804.8607 | contact@k-a-d.jp
© kad / all rights reserved.