キャノピーがつくるの軒先空間|Shading Space Under Canopy
BAG yard  
Competition YAP MoMA PS1
MOMA PS1で毎年開催されるサマーパビリオンプログラムに、ゴミ袋を再利用したキャノピーを提案した。
アメリカで年間消費されるゴミ袋は1000億枚にも及び、1250万バレルもの石油が製造過程で消費される。それらが無害化するにはおよそ1000年の歳月がかかるとされている。ここではゴミ袋を単純にリサイクルするのではなく、新たな価値を生み出すためにアップサイクルし、訪れる人に対して素材の新たな可能性を提示することを目指した。
日除けとして市松に配された幅1200長さ1500ミリのテキスタイルは、ゴミ袋をニット状に編んでラグや寝袋を作って寄付する活動を行っている団体と連携して製作される。
キャノピーを支える構造は、壁面のセパ孔を利用して単管パイプを壁から持出しケーブルで吊るテンザイル構造とすることで、地面に基礎を設けることなく最小限のエレメントで日除けをかけることが可能となる。
夏の会期が終了した後、形を代え寝袋として配布されるゴミ袋は、この素材がもつ不可避な末路に対して、建築というプロセスを通して新たなストーリーを紡ぎ始める。
Program Summer Pavilion
Year 2017.12
Status Invited Competition
Location New York, United States
Material Garbage Bags
Structure Tensile Structure
Team Studio 3A
  Junki Wakuda
BAG-yard is a shading canopy made by plastic bags proposed for the Summer Pavilion Program hosted by MOMA PS1.
According to a statistics, 100 billion plastic bags are annually consumed in the US and 12.5 million barrel of oil is processed to produce them. This material takes up to 1000 years to degrade into nature. The proposal aims not simply recycle the material, but upcycle it to showcase new values of the material.
Plastic bags are woven to create 1200x1500mm shading textiles by a charity organization who makes sleeping bags with garbage bags for donation. The canopy is supported by cantilevered steel pipes hanged by tension cable to form a tensile structure, in order to overhang the structure from the existing concrete walls without touching the ground.
Once the canopy dismounted after the event, the textiles will change into sleeping bags and donate to people for charity to compile alternative story of the material to people.
 
   
   
   
     
素材のアップサイクル|Up-Cycle Diagram
テンサイル構造|Tensile Structure
三角形を切り取る軒下空間|Trianglated Court Yard
日光に反射するカラフルな膜材|Colorful Texture from Garbages
既存壁から持出された庇|Integrating with Existing Walls
夏の日差しを遮る|Providing Shaded Space
 
 katagiri architecture+design | 〒141-0031 東京都品川区西五反田 6-3-6-101 | 03.6804.8607 | contact@k-a-d.jp
© kad / all rights reserved.